FC2ブログ



また歯が痛くなった。痛いのはともかくとして、こうなると飯がろくに食えない。
物理的に。

最近痛くなる感覚が短い。いつもは数ヶ月に一回くらいなんだけど。

そうなると母親が、わし歯が痛い=噛めない=おかゆっていう方程式ができてるので普通に作ってある。
いや思い違いかもしれないんだけど。
前になった時も、トマトがゆがめっちゃ美味かったのでトマトがゆが作られるようになった。

恵まれてんなあと思って誰に思うでもなく申し訳なくなる。
いつもはムカついたりしてばかりだけど。

でもまあ、この痛みや噛みにくさにもだんだん慣れてきてしまっている自分がいる。
さっさと病院行けって話でしょうけど、まあいろいろあるんですよ心のなんか…あれが…。

今日のは鶏肉を入れて食いました。
鶏肉が固くて噛みづらかったです。

🍅☆トマトがゆの材料☆🍅

トマト
ごはん

卵1個

あとなんかあったっけな?
自分はいつもブラックペッパーをかけて食ってます。


20181001152648cd9.jpeg

スポンサーサイト
Date:2018/09/30 19:00
category:未分類


ああ、深夜だ。
2時半。
寝たほうがいいけどだるい。

だるいっていうかケータイみてたらさ、こんな時間だよ。

最近は相も変わらずスマホゲーム。
あれ、刻のイシュタリアってやつにハマってる。
ハマった理由はホーム画面の曲がドストライクだったから。

このブログのまえの記事読んでたんだけど、結構キワキワなんだよね。
今の自分は明らかに人目を気にしてるんだよ。
自分が一番嫌だった人間になってんだ。

大して読んでる人もいないのにw


サカナモンのPV映画?みたいな奴を見ました。
姉に見せられましてねw
ボーカルの元生君が、君がっていうか年上なんだけど、予想の上をいく社会不適合人間だったみたいでね。

なぜそう思ったかというと、映像の中で、みんなが機材を車内に運ぶ中、手伝わないのかと聞かれて、「自分が手伝うとかえって手こずらせるからやらないほうがいい」と言っていた。

なんこれ、おまおれかよ。

同じ理由で、ライブの搬入バイトとかなるべくやりたくないし恐怖だ。

あとはパンサーって芸人とやってたコントで、元生くんが店長に呼ばれるたびに皿を割るっていうシュールなやつ。

多分実話だと思うけど。(何枚割ったかは知らないw)

私はビビリだから、皿を割るってことはないと思うけど、というかバイトで皿洗ったことがない。
私がいたところは、幸い食洗機でやってた。

だけんども、とにかく挙動がおかしすぎて先輩に哀れまれたりキレられましたw

自分も大概だったけど、とにかく先輩にも恵まれなかった。
あらゆる職場のだれ一人まともに仕事を教えてくれず、キレたり書く暇もないくらいの速さで言ってきて覚えられなかった。

マジで聖徳太子でもないと聞き取れねんじゃね?ってくらい。
今思えば嫌われてて嫌がらせだったんだろうなと思う。クソが死ね。って今になってはっきり言える。

あるババアはメモをしようとしたら「バカでも覚えられる」と言った。
労基に訴えんぞクソババア。
しかも金くれなかった。地獄の時間分返せ。

もういっこのとこも一カ月働いたのに金くれなかった。潰れろ。潰れてたか。もう一回潰れろ。

あとはケーキ屋もう一回燃えろ。



Date:2018/09/22 17:52
category:未分類


雨が降って
眼が覚めると
そこは真っ赤な世界だった
なんてことはなくて
やっぱりそこは桃源郷だった
なんてこともなくて
僕はまた日常に目が覚めたんだ

空が晴れると
大地に根を張って
空が割れると
何かが降って
空が裂けて
oh〜

雨が降って
眼が覚めると
そこは鏡の国だった
なんてことはなくて
君が横で笑ってたんだ
なんてこともなくて
僕はまた日常に目が覚めたんだ

oh…

Date:2018/08/27 09:20
category:歌詞


みんな別の世界に飛び立っていく
寂しいけどきっと僕もそうだ
終わりは新たな始まりさ
そしてまた会おう
Date:2018/07/02 10:29
category:歌詞
She shines
彼女はこんな
In a world full of ugliness
汚れた世界で輝いている
She matters when everything is meaningless
何もかもに意味がなくなったって 彼女はやっぱり大事なんだ
Fragile
繊細なんだ
She doesn’t see her beauty
彼女は自分の美しさを見ようとしない
She tries to get away
彼女はそこから離れようとするんだ
Sometimes
時々
It’s just that nothing seems worth saving
守る価値のあるものなど何もないと思うけど
I can’t watch her slip away
やっぱり彼女が消えていくのは見過ごせないんだ
I won’t let you fall apart
君を壊させはしないよ
She reads the minds of all the people as they pass her by
彼女は通り過ぎる人々の心を読んでいるんだ
Hoping someone can see
誰かが気付いてくれることを願いながら
If I could fix myself I’d – but it’s too late for me
もし僕が自分自身を直せたら… いや 手遅れなんだ
I wont let you fall apart
だけど君だけは守り抜くよ
We’ll find the perfect place to go where we can run and hide
僕たちが隠れられる最高の場所を見つけよう
I’ll build a wall and we can keep them on the other side
僕は壁を作って奴らを壁の外に食い止めてみせるから
…but they keep waiting
だけど奴らはそこで待ち続けるんだろう
…and picking…
そしてこじ開けるんだ…
It’s something I have to do
だけどそれが僕のやるべきこと
I was there, too
僕もかつてそうだった
Before everything else
そう すごく昔の僕に
I was like you
君は似てるんだ

引用
https://yo-gakutaiyaku.com/nine-inch-nails-the-fragile
Date:2018/05/25 12:28
category:未分類


まだペンを握る勇気がなかったけれど
君に最初で最後の手紙を書こう
君は僕を輝かせてくれた
僕は闇から光に生まれ変わるんだ
名前も過去も捨てて

君には本当に悩まされた
今でも後遺症が蜘蛛のように絡みついてるけど
僕はもっとマシな人生を歩んでいた気がするよ
君がいなければ

いつも君の影に怯えて
やりたいことも全て封じ込めていたんだ
大事な思春期をほとんど闇に打ち込んだ
息を潜めていたんだ
壊れないように
ずっと

けれど一つだけ感謝しているんだ

君のおかげで思いやりを持つことを学んだ
君は素晴らしい教師だった

まだペンを握る勇気がなかったけれど
君に最初で最後の手紙を書こう
君は僕を輝かせてくれた
僕は闇から光に生まれ変わるんだ
名前も過去も捨てて


僕は誰も信じていないんだ
全ての人の未来と思惑が見える

Date:2018/05/25 12:21
category:歌詞
メルヘンランド

部屋の鍵閉め オレンジ色の光射す部屋
眠り薬も飲んだし
今日も静かに自殺急行へ迷走
電車に乗って夢の世界へ
1人の命じゃなくなったらできない
これはある意味贅沢かもな

無重力に浸りヘミシンクみたい
落ちそうに不気味で赤い夕陽
目を開けたらあるかな
極彩色の花の香り 生命力に溢れた羊や牛たち
どこまでも続く永遠の草原
雄々しい海原が岩に打ち付けて飛ぶ白い飛沫
そこは黄金郷?桃源郷?アルカディア?
女神たちも微笑んでる

今日も静かに心臓に
命の灯火が灯る
時計も闇もないメルヘンランドへ
今しか歌えないものを
顔も知らない君に届けよう

無重力に浸りヘミシンクみたい
落ちそうに不気味で赤い夕陽
目を開けたらあるかな
極彩色の花の香り 生命力に溢れた羊や牛たち
どこまでも続く永遠の草原
雄々しい海原が岩に打ち付けて飛ぶ白い飛沫
そこは黄金郷?桃源郷?アルカディア?
女神たちも微笑んでる
Date:2018/04/13 02:25
category:歌詞


悲しげな冷めたトンカツ
めでたくない赤飯
虚しく響く 最終回のめちゃイケ

「ちゃんとフタ閉めようね」
4歳児に言ってんですか?
自分が5歳児みたいな精神年齢だからって同じように話しかけたらそりゃ25才は怒りますよ
ていうかアナタ人の気持ち本気で考えたことありますか?
考えれねえか5歳児じゃ
まあ私が5歳児の時の方がよっぽど気遣ってたと思いますけどね(笑)

悲しげな冷めたトンカツ
めでたくない赤飯
虚しく響く 最終回のめちゃイケ

親にマジ感謝系?
それとも今流行りの毒親系?
どっちもわかるけどちなみにうちは謎親です

昨日急にみんなでラーメン屋に行った
あなたはやたら機嫌がいいと思ったが
ただの現実逃避だったらしい
私はあなたが変わったのかと勘違いしてた 馬鹿だよなあ

あなたは父にキレられてムカついてラーメン食おうと思ったらしいが
は?意味わからん
つかそれ小学生のケンカですか?
58才のケンカなんですかそれ
がっかりだよホント あんたらには
30年以上もあんたは一体何を見てきたんだ
すみませんが還暦前の幼稚なケンカはみにくいので外でやってくれますか?

「私がいない方がいいんだな」
また始まったシンデレラモード
かつての美少女も58才でそれはイタいです正直
あんたは永遠にシンデレラのつもりか

家を出る気もないくせに
「出てった方がいいんだ」と
いやホントあんたがいなくても
みんな勝手に生きていきますが?
つーか執着してんのどっちですか
「ま、出る気ないけどね☆」
な い の か よ (笑) ふざけんな

悲しげな冷めたトンカツ
めでたくない赤飯
虚しく響く 最終回のめちゃイケ

親にマジ感謝系?
それとも今流行りの毒親系?
どっちもわかるけどちなみにうちは謎親です
Date:2018/03/31 21:10
category:歌詞


風呂入ってない。顔が土気色(笑)
なんだっけ、最近なんか妄想しては一人で笑ってる。声出してじゃないよ。でも何考えたか忘れた。


自分ほど妄想で生きてるのが似合う人間もいない。
っていうのも思い込みだけど。
みんな現実が好きなんだなあと思う。
自分は実は妄想が一番楽しい人間なんじゃないか。

だって現実は辛い。私の妄想より楽しい現実がない。
当たり前だけど当たり前だと思いたくない。
こんなこと言ってるけど、現実は現実で生きていかねばならんと思う自分もいる。
それはそれで辛いけど楽しいこともあるんだと思う。
でも私の妄想は超えないんだろうなとも思う。

妄想してたらいつのまにか現実になってたみたいなのがいいね。

一歩間違うと危ない人だけど。


風呂入ってない、飯も食わない、掃除もしない、働けない、こんなダメ人間でも恋人になりたい人っているんかな?(笑)

むしろこっちが相手のためにお断りしたほうがいい気がする。

人間に向いてないからね。

なんか今は、色々繕ったり人の目気にするのが馬鹿らしい気分。
てことは普段は割と気にしてるんだろうね。

思いついたら勝手に現実になればいいけど、実際は体動かさなきゃならないのが辛い。
体が重くてしょうがねえ。

だるいなあ。
地球のみなさん、ここに究極のダメ人間がいますよ。
究極は言い過ぎたな。

いい歳こいて、いつ死ぬかもわからんカーちゃんが作った飯を食らってる。
仕事行かなくなって給料減ってばあちゃんから小遣いもらってるけど裏でババアとか言ってる。

みなさんはちゃんと働いてて偉いですよ。
私を見て安心してくださいね。

ああ、髪洗いたい。
Date:2018/03/25 11:05
category:ネタ帳


自殺したサルは山の手のお嬢さんだった
彼女はみんなを笑わせたり歌わせたりした
あなたが街へ歩いて行った時
贅沢に着飾った彼女はいつでも春の陽気を感じさせた

自殺したサルとはみんな仲良し
彼女は話術で心を隠していたけれど
音楽で活動した年月はただ涙に導いただけだった
すぐにでも彼女は止めるべきだったんだ

自殺したサル
彼女は「賑やかし」だったと誰もが思っていたけれど
彼女がどのような経験をしてきたかは誰も知らなかった
彼女の心は純粋無垢だったんだ

自殺したサル、今あなたはどこにいるの?
あなたの名声は生き続ける
あなたは夜の淑女で
あなたが光の方へ一歩踏み出せば
光が耳に心地の良い歌になった

自殺したサル
彼女は「賑やかし」だったと誰もが思っていたけれど
彼女がどのような経験をしてきたかは誰も知らなかった
彼女の心は純粋無垢だったんだ

この物語に終わりはない
サルは私の友だちだった
彼女の精神は私の中で生きている
私が歌を歌えば
一緒に歌っている彼女の声が聞こえる
私たちは同じ家系のままなのだから


以下のブログMASQUERADEより引用
https://blog.goo.ne.jp/tama-4649/
Date:2018/03/21 18:12
category:歌詞
なんだか鬱になってしまっていた。
ナルシシズムのようなものが強くなるとこれだ。
自殺と鬱とナルシシズムは深い関わりがあるように思う。
迷惑かけた皆様ごめんなさい。ありがとう^_^

とりあえず生きてます。
生きてると何度か波がある。

人によって波の大きさは様々。
大きな波がくることもあるし、同じ波でも人によって大きく感じたり、小さく感じる。
その波をどうやって乗り過ごすかだ。

正しいも間違いも人間が決めてるだけのことだけど、やっぱり殺人とか過激なことは、正しいとは思いたくないし、起きてはいけないことだと自分は思う。

波が変な方向に大きく感じたら自分が危ない証拠。

まずは休んだほうがいい。
Date:2018/03/04 14:10
category:未分類
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Date:2018/03/01 09:51
category:未分類


とりあえず生存してますという報告。

ぽんちゃん、あの件はごめんね。
でもほんと嬉しかった^_^
またいつか。
今度ははっきり返事するね。

昨日久々に出勤した(笑)
ばばあに嫌味言われたけど。

こないだたまたまサイトに出てきて知ったんだけど、一人でも小樽の雪あかりの路見たかったなあ。
さすがに今年は無理だろうな。
いや、無理じゃないかもしれないけど、心理的に(?)。
開催期間がもう直ぐ終わる。

どっちにしろまた札幌あたりには旅行行きたいかなー。
あえて観光らしきものをしたことがない。

家の中で大抵ばばあ避けてるんだけど、最近やたら遭遇する。
これ何かの暗示?(笑)

予定すら決まってないけどスーツケースに服だけ入れた。
用意しといたら実現しやすいかなってww

現実的に計画するのが苦手なのが悪いところ…。

そこで気付いたんだけど、ろくな半袖もってないな…。
2月末がちょうど良さそうなんだけど3月になると体調のあれとかがまたなぁ。
電話嫌いだからバスの予約もおっくう。

これだからチャレンジ精神がないとか言われるんですよね(笑)(笑)
あ、ヤベバレる。

人より臆病すぎるんすよ…。

そろそろ寝なきゃ。
ねれるきしねえーw

うーん、いろいろやりたいことはあるんだけどなあ。
夢ばっか語ってるだけじゃダメっすよね。
私の生まれ年は大猿っていって、口だけデカいそうです。
はあ…。
残念ながら当てはまってもうてるやん…いまんとこ…。
ちゃうねん大器晩成型やねん…いまブルーチーズと年代物のワイン熟成してあとで食べるとこやねんねん…なんでやねんねん…(関西弁滅茶苦茶)。

ほんまみなさんご迷惑おかけしてすみません…。


現在朝6時。

Date:2018/02/13 21:08
category:日記
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Date:2018/02/02 11:17
category:日常・思考
今は立ち上がるのが難しくても
明るい未来描けなくても
誰かに急かされたとしても
焦る必要ないさ
人それぞれの時間が流れてるから

憂鬱で窮屈な日常
涙拭いて
闇を愛で満たす
息を吐いて
ほおを涙が伝っても
いつの歌も時を超えて君に届く


怖い夢ばかり見てる
昔のことを思い出しては涙して
深くて暗い穴の底で
土竜みたいに暮らす日々
愛も忘れて追いかけてくる絶望
いつまでこんな日が続くんだろうって
ただ遠い夢を追いかけてた

砂礫みたいな思い出抱きしめて
ため息ばかり増えていく

憂鬱で窮屈な日常
涙拭いて
闇を愛で満たす
息を吐いて
ほおを涙が伝っても
いつの歌も時を超えて君に届く

誰もいないなら
僕が君の隣で手を握るから
あとは自分で飛ぶ勇気持つだけさ


星の向こうの君を思い出してる
あの頃はただ楽しくて
辛くて苦しいこともあったけど
わずかな希望を持って生きてた

君を永遠に失ったあの時
全てが終わった気がしたよ
あの虹を追いかけたら
君のいる所に辿り着く気がした

憂鬱で窮屈な日常
涙拭いて
闇を愛で満たす
息を吐いて
ほおを涙が伝っても
いつの歌も時を超えて君に届く

今は立ち上がるのが難しくても
明るい未来描けなくても
誰かに急かされたとしても
焦る必要ないさ
人それぞれの時間が流れてるから

誰もいないなら
僕が君の隣で手を握るから
あとは自分で飛ぶ勇気持つだけさ

Date:2018/01/24 18:21
category:歌詞
22

3:33

毎日同じ堂々巡りに疲れちまって
朝焼けの暗い部屋
YOU THE ROCK流しながら喉にまずい水を流し込む
脳で溶ける薬

もうあの日々も戻らない
君からの便りも
自由な生活も
すべてから逃げてきた罰さ
人間はほんと馬鹿な生き物だ
失わないと気づかない
虚しくなって
全部どうでも良くなったのさ

誰か僕を見つけてくれ
こんな夜は叫びたくなるな
車で海まで突っ走ったら
天国が見えるかな
そんで君に会えるかな

刑務所のほうがマシだって
親父が言った
(お前が言うなよ)
朝5時から通う臭い牛舎
病気の母親も休まず働いてるけど
俺はまた逃げてる

行きつけだったライブハウス
立ち話した古本屋
何年も通ってた美容室
優しい仲間に見慣れた景色
辛いこともかなりあったけど
気づけば第二の故郷になってた町
でもある日突然別れがきて
まあ自業自得さ
脳みそも死んじまった
ストレスで髪の毛も減った

神様俺はどうすれば良かった?
おい!誰か俺を見つけてくれ
いるなら返事をくれないか

こんな夜は叫びたくなるな
車で海まで突っ走ったら
天国が見えるかな
そんで君に会えるかな

神様俺はどうすれば良かった?
おい!誰か俺を見つけてくれ
いるなら返事をくれないか

こんな夜は叫びたくなるな
車で海まで突っ走ったら
天国が見えるかな
そんで君に会えるかな

Date:2018/01/22 18:31
category:歌詞
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Date:2018/01/21 02:25
category:未分類


2014年の記事が多いわけがわかりましたw

実家にいて、衣食住が確保されていたのと、単純にネタが多かったんでしょうね。

2012年の20歳に、『どうせ私は実家に引き戻される』と言っていたのが5年後に実現しましたね。
引き寄せの法則www


つーか19歳頃、1日に何個も書きすぎw

情熱的には見習いたいですね。

ほぼ毎日書いてる計算じゃねえかw

あ、でもこれいいな。
自分やる気にムラあるし調子悪いときの分を狂ったように頑張る期間でカバーできるw
(何を?)

マジで、同じことを毎日やってるのかどうかわからない感覚でコツコツ続けるとか無理。

やった実感がないと無理。

そういう垣根をなくす意味では、毎日◯◯をする!とかいいのかもしれない。
ただそれが自分の場合は、毎日一つ、一文でもいいから毎日文章をかく、とかだと実感がないから続かない。

部分的に完璧主義なのか、「一文しか書かないんじゃ何にもならねえよ!」と思ってやめてしまう。
それがきっかけとなって書けることもあるだろうにね。アホだね。

そうではなくて、自分の場合は、毎日一つ小説を書く!とか大げさにしないとやった気にならない。
これは例えだけどw

しかし、じゃあ毎日◯◯やろうね!って言われるとやりたくなくなる。

決められると駄目。

いつのまにかやっていた、みたいにならないと駄目。

まあこういう人間だから、逃げられない状況にでもされないと続けられないんだろう。

かといってある程度束縛が続くと辛くなってやはり逃れたくなる。

脱獄犯みたいだな。

これはもう性質なので直しようがないです…。



Date:2018/01/01 09:45
category:日常・思考



なんと2017年は40記事しか書いてないんですねw

前半は正直慣れない仕事のストレスでしんどかったからまあ少なくて当たり前か。

今年はあんまり歌っぽいものを作んなかった気がする。
曲は作ったけど。

このブログも7年になりました。
読んでくださってる方がどれだけいるかわかりませんが、ありがとうございます。


ちなみに

5位…2016年(24歳)…45記事。

最下位…2015年(23歳)…35記事。

2位…2014年(22歳)…182記事。

4位…2013年(21歳)…77記事。

3位…2012年(20歳)…147記事。

1位…2011年(19歳)…319記事。

2010年11月(18歳)〜12月…20記事。


2017年は6位でした。

2011年、学校でうまくいかず燻り出してからの記事書きすぎだろwww

そして2014年の多さも謎。

ていうか2015年が少なすぎた笑

どう見ても精神安定と記事の多さの比率が関係してる。

2015年から35〜40記事前後をキープしてますね。
キープしてますねじゃねえよ笑


これはっきり言って情熱の薄れ具合と比例してます。
精神安定と情熱は比例しないんですね、自分の中で多分。

まず精神不安定だと創作が捗るが、イライラしやすくなるので結果的に人間関係がうまくいかなくなる。

その昔、ライブを見てくれていた人が「桜人間をライブ前にめっちゃイライラさせたら(いい感じにパンクなライブができて)いいんじゃないか」みたいなことを言っていたらしい。

知らんがなwwww

って言いますけど、当時「確かにそうかもな」と思ったのを覚えています。

私は普段怖いものが多すぎて怯えてますが、たまにすごく腹が立つときは、怖いものがまったくなくなります。

いつもこうだったらいいのに、と思いますが、それはそれで疲れるんでしょうね。

SNSとかで、ほぼ四六時中イライラしてる人とかいますけどね。
「あー今日めっちゃイライラする」とか言ってるの聞くと、
「いや、お前はいつもだろ!」とツッコみたくなります。

話は戻って、19歳のときの記事の多さの理由はわかります。
学校でうまくいかず、バンドもできず燻っていたからです。

20歳が意外と少ないのは、バンドで充実していたからではないでしょうか。

21でさらに記事が減ってますね。
なぜでしょう。
バンド活動をやめて意気消沈してたんでしょうか…。

そして22でなぜかまた増えてます。
謎。
実家にでもいたんですかね笑

誰も楽しくはないと思いますが、こういう分析じみたことは好きなので、次回から理由を分析でもしてみようかと思いますw






Date:2018/01/01 09:17
category:日常・思考


あけましておめでたくねぇわ!!!!笑

別にキレてません。

とうとう新年ですわ。

2017年、自分も周りもいろいろあった年でした。

まず自分が1年働いたことが信じられない。

ミサイルで死ぬことも、地震で死ぬこともとりあえずなかったのはまあ、幸いというべきかと思います。

そもそも死んでたらここに書くこともないのだという逆説的なあれは置いときましょう。

2018年は希望としては、何かしら世間に自分の作ったものを表現していきたいなと。
さらに欲を言えば名前が知られたらいいなと。

この先どうなるか全然わかんないですけどね。

チャレンジ精神を失わないで生きることが抱負ですかね。

ちょっと個人的に休みすぎたというか、寄り道しすぎた感があるので。
ていうか自分の中では実は休んでたつもりはないんですけど。

この数年も自分の中では常に戦いだったような。
てこれ、年末にやるべき反省だったのかな?笑

そういえば初夢は、カエルが乗った変なドーナツと、白い箱を真っ青に塗ろうとして手が青くなるっていう、なんともわけのわからない、自分らしい夢でしたね。

初夢感ゼロ。

諦めたように見せて実は全然諦めてない、負けたように見せて突然襲いかかる往生際の悪い悪役みたいなのが特技ですけど、何を目指すのか自分でも正直わかりませんが、死ぬまでその何かを諦めるつもりはありません。

2018年みんなよろしくね!!



Date:2018/01/01 08:32
category:日記