自殺したサルは山の手のお嬢さんだった
彼女はみんなを笑わせたり歌わせたりした
あなたが街へ歩いて行った時
贅沢に着飾った彼女はいつでも春の陽気を感じさせた

自殺したサルとはみんな仲良し
彼女は話術で心を隠していたけれど
音楽で活動した年月はただ涙に導いただけだった
すぐにでも彼女は止めるべきだったんだ

自殺したサル
彼女は「賑やかし」だったと誰もが思っていたけれど
彼女がどのような経験をしてきたかは誰も知らなかった
彼女の心は純粋無垢だったんだ

自殺したサル、今あなたはどこにいるの?
あなたの名声は生き続ける
あなたは夜の淑女で
あなたが光の方へ一歩踏み出せば
光が耳に心地の良い歌になった

自殺したサル
彼女は「賑やかし」だったと誰もが思っていたけれど
彼女がどのような経験をしてきたかは誰も知らなかった
彼女の心は純粋無垢だったんだ

この物語に終わりはない
サルは私の友だちだった
彼女の精神は私の中で生きている
私が歌を歌えば
一緒に歌っている彼女の声が聞こえる
私たちは同じ家系のままなのだから


以下のブログMASQUERADEより引用
https://blog.goo.ne.jp/tama-4649/
スポンサーサイト